セミナー情報

2014年6月23日 月曜日

運行管理者試験 インターネット申請は本日までです!

こんにちは、武部総合行政事務所です。
本日は、平成26年度第1回運行管理者試験のインターネット受験申請の締切日です。
書面による受験申請は既に締め切られています。
本試験の申請は済まされましたか?
本日が最終日です!

会社でまとめて申請をお願いしている方も、今一度、申請がお済みかご確認ください。
インターネット申請なら、本日6/23 の午後20時まで申請可能です。

★講習会・直前模試・テキスト ご予約受付中!★
23年の実績が違います!
講習会は、貨物・旅客ともに大阪、札幌、埼玉、東京、横浜、名古屋、会場で開催。直前模擬試験は貨物・旅客ともに大阪、東京、名古屋で開催。遠方の方はテキストのみの販売、模擬試験問題、解答解説一式の郵送も承っております。
運行管理者試験対策講座のご案内はこちらからどうぞ。→当事務所サイト:運行管理者試験対策講座

記事URL

2014年6月10日 火曜日

臨時運行管理者試験 合格発表

 こんにちは、武部総合行政事務所です。
梅雨の合間の晴れ間は大変蒸し暑いですね。
さて、本日5月18日実施された 臨時運行管理者試験の合格発表が 運行管理者試験センターのホームページで発表されました。

 今回は貨物に関して、運行管理者の設置義務が、平成25年5月1日以降5両未満の営業所でも1人運行管理者を選任しなければならない、また安全な運行の実現を叫ばれる昨今、運行管理者の役割が大きくなっていることもあり、特例で実施された臨時試験でした。

 5月18日実施の臨時運行管理者試験の実施状況です。
試験の種類 貨物 旅客
受験者数 11,541人 3,259人
合格者数 4,064人 1,391人
合格率(%) 35.2% 42.7%
前回合格率 37.4% 35.4%

 平成25年度第2回試験と比較すると、旅客では合格率に上昇がみられたものの、貨物では合格率が低下しております。
 臨時試験の出題には、奇をてらった問題は多くなく、基本的な事項の習得度を問うような問題が多かったのですが、各設問の一問一問に確実に正解しなければならず、やはり合格のためにはしっかりと学習をこなす必要があるということを実感させるものでした。

        ここで言えることは、過去問題を制す者は合格を制す、ということです。当会のテキストには、今回の出題の100%をカバーしておりますし、セットの過去問題集は項目別に編集しているので、知識をインプットさせるのには非常に有効です。
テキスト・過去問題集を見る
         
また、仕事との両立で合格を得るには効率よく得点、合格に結びつく勉強法をされることをお勧めします。 当会の講習会では、「ここがよく出る!」「ここで引っかからないように気を付けて!」と、運行管理者試験対策講座20余年のベテランであり、NASVA第一種講師資格を持つ講師がしっかり指導させて頂きます。


記事URL

2014年6月 6日 金曜日

運行管理者試験 労働基準法 特定日の問題

こんにちは、武部総合行政事務所です。
6月に入り、梅雨入りした地域も多いですね。
運行管理者試験の受験を予定されている方は、学習はすすんでおられますか?
受験申請はもう始まっており、申請は6月13日(インターネット申請は6月23日)までですので、忘れないうちに早めに申請しておきましょう。

さて、本日は労働基準法、特定日の問題を皆様と一緒に解いてみたいと思います。

問 下記は貨物自動車運送事業(旅客自動車運送事業)に従事する自動車運転者の運転時間の例を示したものであるが、2日目を特定日とした場合、次のうち、2日を平均として1日当たりの運転時間について「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」に違反しているものを2つ選びなさい。

臨時運行管理者試験 貨物 旅客 問23

解答:1、3

解説:
・運転時間は、2日を平均して1日当たり9時間を超えてはなりません。
※1日の運転時間の計算は、特定の日を起算日として2日ごとに区切り、その2日間の平均とすることが望ましい。しかし、特定の日の最大運転時間が違反するか否かは、次により判断する。(通達:平成9.3.11基発第168号)

①(特定日の前日+特定日)÷2と(特定日+特定日の翌日)÷2の両方が9時間を超える場合は、違反となる。
②(特定日の前日+特定日)÷2と(特定日+特定日の翌日)÷2のどちらか一方が9時間以内の場合は、違反とならない。

この問題の場合、2日目を特定日とするということなので、
上記の①②の式に当てはめて、1から4まで見ていきましょう。

1 に関して・・・①(9+10)÷2=9.5 ②(10+9)÷2=9.5 ⇒ 両方が9時間を超えるので違反
2 に関して・・・①(10+9)÷2=9.5 ②(9+9)÷2=9 ⇒ どちらか一方が9時間以内の場合は、違反とならない。
3 に関して・・・①(8+11)÷2=9.5 ②(11+8)÷2=9.5 ⇒ 両方が9時間を超えるので違反
4 に関して・・・①(11+9)÷2=10 ②(9+8)÷2=8.5 ⇒ どちらか一方が9時間以内の場合は、違反とならない。

というわけで、1、3が違反している、ということになります。

こちらは平成26年度臨時運行管理者試験の問23の出題でした。
貨物、旅客とも同じ内容の問題で出題です。(問題文が貨物自動車運送事業か旅客自動車運送事業の違いだけです。)
この、平均運転時間の計算に関して、このタイプの出題は、いちばん基本的なパターンといえます。

1日目~4日目までの運転時間が記されていて、特定日を2日目と3日目とする・・・という出題も過去にありました。
基本的な考え方、求め方をマスターしておけばいいと思います。

計算問題が出てくると、拒絶してしまう・・・という受講者様の声もお聞きすることがあります。
しかし、出題パターンはそれほど多くありません。
基本をしっかりマスターして、試験に挑みましょう。
講習会では、実際に出題され、よく狙われる問題を中心に効率よくすすめてまいりますので、
初学者も、再受験の方も安心してご受講いただけます。

★講習会・直前模試・テキスト ご予約受付中!★

会社からのまとめてのご受講も可能です。お電話でお気軽にご相談ください!06-6910-3399

23年の実績が違います!
講習会は、貨物・旅客ともに大阪、札幌、埼玉、東京、横浜、名古屋、会場で開催。直前模擬試験は貨物・旅客ともに大阪、東京、名古屋で開催。遠方の方はテキストのみの販売、模擬試験問題、解答解説一式の郵送も承っております。
運行管理者試験対策講座のご案内はこちらからどうぞ。→当事務所サイト:運行管理者試験対策講座



記事URL

2014年6月 4日 水曜日

運行管理者試験 実践問題 タコメータ


 

 こんにちは。武部総合行政事務所です。
いきなりのタコメータの記録に驚かれましたでしょうか?
こちらはこの5月に行われた臨時運行管理者試験で貨物旅客共に問30で出題された運行記録計の記録です。
この、デジタコの時代に、運行記録計の読み方を出題されて、意外に感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

運行管理者試験では過去にも、運行記録計の読み方を問う問題が出題されておりますので、運行管理者としてこれから活躍される皆様にはぜひとも知っておいていただきたい問題です。

今日は実際に出題された問題を1問、皆様と一緒に解いてみたいと思います。

問:運行開始から運行終了の間における平均時速(キロメートル)を答えなさい。

解き方
①運行開始の時間と運行終了の時間に着目です。
時間の目盛は1目盛10分(間の小さい目盛は5分です)
運行開始・・・4:50
運行終了・・・9:20 であることが分かります。
4:50~9:20では、かかった時間は4時間30分ですね。
②走行距離を確認しましょう
1山10kmです。1山に満たないものは目盛を数えましょう。1目盛1kmです。
総走行距離が
17山×10km+(8+2)目盛(km)=180km であることが分かります。
時速=距離÷時間ですので、
180km÷4時間30分=40km/時 となります。

答え:40km/時

臨時試験の問30の1問めでした。
折を見て、こちらのブログでは、運行管理者試験の実践問題の解説をしたり、一問一答を行っていく予定です。

過去問を制す者は試験を制す、ですので、皆様、頑張っていきましょう。

★講習会・直前模試・テキスト ご予約受付中!★
23年の実績が違います!
講習会は、貨物・旅客ともに大阪、札幌、埼玉、東京、横浜、名古屋、会場で開催。直前模擬試験は貨物・旅客ともに大阪、東京、名古屋で開催。遠方の方はテキストのみの販売、模擬試験問題、解答解説一式の郵送も承っております。
運行管理者試験対策講座のご案内はこちらからどうぞ。→当事務所サイト:運行管理者試験対策講座


記事URL

2014年6月 3日 火曜日

運行管理者試験 難易度はいかほど?

こんにちは。武部総合行政事務所です。
6月に入りました。九州、山口県では早くも梅雨入りとのこと。じめじめした気候、急に暑くなったりと体に負担がかかる季節ですが、皆様体調には十分にお気を付け下さい。

8月24日実施の運行管理者試験の申請が始まっております。
当事務所の合格対策講座には、お電話でも受け付けをさせて頂いており、受付の際にご質問をよくいただきます。
「運行管理者試験って難しいの?」
個人差はございますが、ここ2年ほどは合格率も20%台前後であり、決して一夜漬けで合格できるようなテストではございません。
まず、道路運送法、道路運送車両法、貨物自動車運送事業法、道路交通法、労働基準法等関連法令に基づいての出題ですから、90分の試験時間の割にボリュームのある問題文を読解する必要があります。
時間内に正確に回答するにはやはり、ある程度時間を確保し、受験勉強しなければなりません。
ただ、やみくもに関連法令を暗記する・・・というのでは、決して得点には結びつきません。
過去の出題を分析してみると、やはり、出題を狙われやすいポイントがあるのです。
ですので、効率よく学習をされるには、是非講習会をご受講していただければと思います。

★講習会・直前模試・テキスト ご予約受付中!★
23年の実績が違います!
講習会は、貨物・旅客ともに大阪、札幌、埼玉、東京、横浜、名古屋、会場で開催。直前模擬試験は貨物・旅客ともに大阪、東京、名古屋で開催。遠方の方はテキストのみの販売、模擬試験問題、解答解説一式の郵送も承っております。
運行管理者試験対策講座のご案内はこちらからどうぞ。→当事務所サイト:運行管理者試験対策講座

記事URL

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

大きな地図で見る武部総合行政事務所
住所
〒540-0012
大阪市中央区谷町3丁目4番5号
中央谷町ビル408号
最寄り駅
地下鉄谷町筋線・中央線
「谷町四丁目駅」
徒歩1分6番出口出てすぐ
営業時間
平日(月~金) AM9:00~PM18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら