運送業豆知識コラム

2017年7月28日 金曜日

旅客事業と貨物運送事業のかけもちで人材不足の解消へ

おはようございます。武部総合行政事務所です。
夏本番、暑い日が続きますね。

さて、本日の話題は
平成6月30日 国土交通省報道発表にありました、
「貨客混載を通じての自動車運送業の生産性向上促進」に関してです。
予定としては、平成29年8月7日通達発出、平成29年9月1日通達施行となります。

これは、
旅客自動車運送事業者は貨物自動車運送事業の許可、貨物自動車運送事業者は旅客自動車運送事業の許可をそれぞれ取得した場合には、一定の条件のもとで事業の「かけもち」を行うことができるとするものです。

自動車運送業の担い手不足と、人口減少に伴う輸送需要の減少によって、
過疎地域等においては、神流・物流サービスの持続可能性の確保が深刻な課題となっています。

そこで、貨物、旅客の運送に特化してきたありかたを見直し、サービスの「かけもち」が可能とすることで、
これらの問題の解消を目指すものです。

↓ 読売新聞 平成29年7月23日朝刊 第1面より【クリックすると拡大表示】

乗合バスは、貨物自動車運送事業の許可を取得することで全国的に350kg以上の荷物を運ぶことが可能です。
(350kg 未満の荷物を運ぶ場合は、道路運送法第82条に基づき、今まで通り許可不要です)

タクシー・貸切バスは過疎地に限り、貨物自動車運送事業の許可を取得した場合は 荷物を運ぶことが可能になります。
トラックは、過疎地に限り、旅客自動車運送事業の許可を取得した場合は 人を運ぶことが可能になります。

運送可能な荷量や人数については制限があり、運行管理者も、貨物・旅客ともに必要になったりと、
許可にも基準がありますので、詳しくは 国土交通省の報道発表のページ をご覧ください。

ドライバー不足や、過疎地での輸送需要のために、
効率的な輸送の可能性が広がります。

当事務所は、運送業に特化しており、新規許可や事業計画変更認可等 申請代行させていただいております。
お気軽にお問い合わせください。 06-6910-3399








投稿者 武部総合行政事務所

大きな地図で見る武部総合行政事務所
住所
〒540-0012
大阪市中央区谷町3丁目4番5号
中央谷町ビル408号
最寄り駅
地下鉄谷町筋線・中央線
「谷町四丁目駅」
徒歩1分6番出口出てすぐ
営業時間
平日(月~金) AM9:00~PM18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら