セミナー情報

2013年3月29日 金曜日

運行管理者試験 一問一答 ブログ 道路交通法

こんにちは。武部総合行政事務所です。
明日からの週末、大阪では満開の桜が見れそうです。

さて、本日は運行管理者試験の過去問から一問です。
本日は、【貨物】と【旅客】の共通出題科目である道路交通法からの出題です。

問  道路交通法に定める過労運転に係る車両の使用者に対する指示についての次の文中、A、B、Cに入るべき字句のうち、正しいものを1つ選びなさい。

車両の運転者が道路交通法第66条(過労運転等の禁止)の規定に違反して過労により正常な A ができないおそれがある状態で車両を運転する行為(以下「過労運転」という。)を当該車両の使用者(当該車両の運転者であるものを除く)の業務に関してした場合において、当該過労運転に係る車両の使用者が当該車両につき過労運転を防止するため必要な B を行っていると認められないときは、当該車両の使用の本拠の位置を管轄する公安委員会は、当該車両の使用者に対し、過労運転が行われることのないよう運転者に指導し又は助言することその他過労運転を防止するため C ことを指示することができる。
1. 認 知 1. 安全の管理 1. 必要な措置をとる
2. 判 断 2. 車両の管理 2. 必要な休憩をとる
3. 応 答 3. 運行の管理 3. 必要な員数の運転者を確保する
4. 運 転 4. 労務の管理 4. 休憩・仮眠等に必要な施設を整備する


さて、皆様、おわかりになられましたでしょうか?
運行管理者試験の酷なところは、1問の中で複数の解答が求められるとき、完答でないと点数にならない、ということです。
一問一問、確実に答えて点数につなげたいものです。

正解はAー4 Bー3 Cー1です。

こちらの条文(道路交通法第66条の2)は、過去にも頻出しておりまして、穴埋めの箇所を変えては何度か出題されています。
「使用者」「公安委員会」の部分も穴埋めで狙われやすいところです。
過労に関する問題はほぼ毎回出題されています。
しっかりおさえておきましょう。

できるだけこまめにこちらのブログで運行管理者試験対策の一問一答を公開させていただきたい所存ですので、また当事務所のホームページをチェックして頂きたいと思います。

ま当事務所で開催する運行管理者試験対策講座(2013年7月・8月実施)の受付開始は5月上旬を予定しております。
当事務所ホームページ「運行管理者試験対策講座」には平成19年度第1回~平成24年度第2回までの過去問題等学習に役立つ情報も掲載しております。


カレンダー

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

大きな地図で見る武部総合行政事務所
住所
〒540-0012
大阪市中央区谷町3丁目4番5号
中央谷町ビル408号
最寄り駅
地下鉄谷町筋線・中央線
「谷町四丁目駅」
徒歩1分6番出口出てすぐ
営業時間
平日(月~金) AM9:00~PM18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら