運送業豆知識コラム

2011年11月22日 火曜日

TPPでの生き残り

前回に引き続き、TPPについて書きたいと思います。

TPPで運送業は、今後も生き残れるでしょうか?
アメリカの運送業界も1980年に大巾な規制緩和がありました。
その結果、大手50社のうち約半数が倒産し、もしくは吸収合併が行われ、姿を消していったのです。
そして運賃は下落が続き、倒産率は5倍に跳ね上がりました。
しかし、それでも新規参入業者は増加し、10年で2倍になりました。

参加条件の緩和、最低賃金の大幅な切り下げ
アメリカの最低賃金はいくらかご存知ですか?
1時間5.15ドル(約400円)、レストランのウェイトレスのようなチップをもらう仕事は、1時間2.13ドル(約170円)位です。
地域や職業にも差はありますが、豊かな国アメリカでも大変な貧富の差を生んでいます。
この差が実はアメリカの豊かな経済をささえているのかもしれません。
ただ、アメリカはこれにより、3PL(企業の流通機能全般を一括して請け負うサービスで物流改革となる)が進み、効率の良い物流が行われていると言われています。

日本でもアルプス物流、日立物流、ハマキョウレックスなどはこれを導入し成長しています。
今、あなたの会社も少なくとも賃金カットをするのではない、物流の改革にみなで知恵を出し合わせてみませんか。

投稿者 武部総合行政事務所

大きな地図で見る武部総合行政事務所
住所
〒540-0012
大阪市中央区谷町3丁目4番5号
中央谷町ビル408号
最寄り駅
地下鉄谷町筋線・中央線
「谷町四丁目駅」
徒歩1分6番出口出てすぐ
営業時間
平日(月~金) AM9:00~PM18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら